今回だけ声楽あるある

2021年09月26日 12:16
カテゴリ: 声楽あるある


私は声楽も経験があるので、今回は声楽あるあるを紹介します。

●細身の人は、良い声が出るように、カロリーの高い物を食べて増量に励む。(一昔前の常識。現在は見た目も大事。)

●普通の音量でも他の人より声が響くため、話の内容を拾われやすい。だから、声楽の人とのヒソヒソ話は、絶対にNG。

●のどを潰さないために、ピアノに比べて練習時間が短い。時間に追われていないためか、おおらかな性格の人が多い。

●しっかり食べる、しっかり寝る、常にハッピー(ポジティブ)でいる、が楽器のメンテナンスなので、健康体である。

●母親が音痴のため子守唄を禁じられ、代わりに父親が歌っていた。母が歌っていたら自分は音痴だったかもしれない。

●いびきの大きさも半端ではない。猛獣がいるのかと思って飛び起きた経験がある。障子が振動していた。(大部屋にて)

●友人の結婚式のチャペルで、讃美歌『いつくしみ深き』を全員で歌う時に、「聖歌隊より上手い!」と褒められる。

●赤ちゃんを寝かし付ける歌が、廊下を隔てた部屋まで響いている。(赤ちゃんは、どう感じているのか?)

●子どもの卒業式などで『君が代』を歌う時、音量を抑えているのに声の響きが違うために、周りからドン引きされる。

●カラオケでJポップなどを歌う時、声楽の発声で歌うために、リズムも音程も合っているのに違う曲になってしまう。

●声楽あるある!
 第九の合唱経験とは?  〉
https://www.mintpiano.net/blog/50479/

●声楽あるある!
 辛いものが食べた~い!
https://www.mintpiano.net/blog/54480/

オリジナルの記事を載せています。当サイト内の文章、情報(内容)、写真等の無断掲載及びリライトは、ご遠慮下さい。

記事一覧を見る