ジャズボーカルあるある?意外と玉石混淆?色々なタイプを紹介します!

2022年05月08日 07:45
カテゴリ: ボーカルあるある
ジャズボーカリスト


ジャズボーカルをしている人は、他のジャンルより個性や実力に幅がある。玉石混淆であるといっても過言ではない。

●目鼻立ちがハッキリしている人が非常に多い。(照明に映えるようにメイクを濃くするから)※素顔は分かりません。

●肌の露出度が高い衣装を選ぶ人が結構多い。(たぶん、男性ファンへのサービスの一環?)

●英語の発音が良い人➡️帰国子女や英文科卒などで、普段から英語に慣れ親しんでいるため、自然な発音で歌える。

●英語の発音が悪い人➡️「ほとんどの日本人は英語が分からないから大丈夫!」と割り切り、発音を全く気にしない。

●かなりふくよかなタイプ➡️体型やメイクは、明らかに黒人のジャズ歌手を意識している。存在感があり、声量もある。

●ゴスペル出身者➡️リズム感が良く、身体を揺らしたりイェ~イ!という掛け声も自然に出来る。とてもノリが良い。

●生声では音程が不安定なのに、CDでは別人のように歌唱力が完璧な人。(現代の音響機器や編集技術はスゴイ!)

●ジャズなのに、アレンジを加えずリズムも揺らさずに、楽譜通りにシンプルに真っ直ぐ歌うだけの人。(素人受け◎)

●アレンジの難易度が高すぎて、原曲と全く違う印象になるために、素人には理解されないレベルの人。(玄人受け◎)

●動きが気になってしまうタイプ。(肩や腰でリズムを取るのだが、明らかに揺らしすぎ)※フラガールではありません。

●話がとても上手な人。歌の魅力というよりも、MCやお客さんとの会話などでファンを増やしていくタイプも多い。

●外見や雰囲気が、良くも悪くも個性的な人が多い。印象が薄い人、普通っぽい人、おとなしい人は見たことがない。

●少数派だが、ピアノや他の楽器を初歩レベルでなく、かなり弾ける人もいる。その点で、他の楽器の人と距離が近い。

●一方、楽譜やコードネームが全く読めない人も存在する。耳コピーのみで勝負している。(他の楽器の人は迷惑する。)

●性格は、気が強く、私が私がと前に出るタイプが多い。八方美人で営業マン気質。(あまり彼女にしたくないタイプ。)

●ジャズボーカルとは?
 5分で分かるジャズ音楽解説
https://www.mintpiano.net/p/20/

オリジナルの記事を載せています。当サイト内の文章、情報(内容)、写真等の無断掲載及びリライトは、ご遠慮下さい。

記事一覧を見る